こちら☆せとうち社協です!!
岡山県にある瀬戸内市社会福祉協議会(邑久本所)のブログです。「福祉や社協らしからぬブログ、でも(瀬戸内市)社協でしかできないブログ」がコンセプト。福祉、ボランティア、エコ、車、ドラマなどなど、ジャンルの壁を越えてタイピング中です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■最近の若いもんは??

みなさん、おはようございます。

今日から、また一週間始まりますね?

今週も元気に、わき合い合い職務を遂行したいと思います。


さて話大幅に変わって、「最近の若いもん」は、ある意味本当に真面目ですね??

何が真面目なの?」って、


・・・


・・





お酒、タバコなど、我々世代の「20歳を過ぎたらしてみたいもの」を嗜まない子が多いみたいです。
(でも、人気の【クローズZERO】では、劇中バンバンやってますね?→今回は関係ないですが…)

タバコは「百害あって一利なし」で納得ですが、お酒離れはなぜでしょうか??

興味深い記事(投稿文)を目にしましたので、ご紹介を…。


■若者の酒離れの意識の先に

2004年8月に朝日のコラムに「なぜ若者の酒離れが起きてきているのか」という少し興味深い内容が掲載されていたので紹介します。

>新入社員を酒席に誘ったら断られた――。こんな経験をする年長者が増えている。「最近の若いやつは、つき合いが悪い」。赤い顔で、おだをあげる向きも多いが、実は最近の若者、急速に酒を飲まなくなっているのだ。原因を探ると、笑えない現実に行き着いた。
最近、酔いつぶれる若者がめっきり減った。大衆的な居酒屋チェーンを経営する村さ来本社の宮崎泰豪・村さ来事業部東京営業部長の実感だ。数年前まではサークルなどの宴会が多く、イッキ飲みが当たり前だった。ここのところ宴会が減り、少人数のグループや合コンで騒がずに飲む姿が目立つという。飲み方がおとなしくなっただけではない。酒を飲む若者自体も減っている。特に男性は、ほぼ一貫して右肩下がり。酒類メーカーがそれぞれ独自に行っている調査でも、同様の結果が出ている。飲酒頻度の下がる傾向も見えるという。
そもそも、若者の酒離れはなぜ起きたのか。大きな影響を与えたと考えられるのが、長く続いた不景気だ。
03年版国民生活白書によると、20代で「昨年より生活が向上した」と答えた人の割合が、90年にプラス6.5%、96年にプラス5.1%だったのに、02年にはマイナス6.8%と逆転してしまった。総務省の家計調査でも、00年度に1カ月20万4千円あった20代世帯の消費支出が、03年度には18万6千円まで減った。収入が減る一方、携帯電話やインターネット、ゲームなど、娯楽は多様に。酒への出費は減らざるを得ない。ただ、博報堂生活総合研究所の原田曜平研究員は、単純な金銭問題より、彼らの行動様式と価値観の変化を重くみる。

酒の三つの効用を必要としなくなったというのだ。三つとは、
(1)仲間との連帯感を深められる
(2)自分を忘れてバカになれる
(3)ストレスを発散してリフレッシュできる。

(1)は携帯電話やメールの普及で人間関係が広く浅くなったこと。
(2)はネット仮想空間の発達で酒の力を借りなくてもバカになれるようになったこと。
(3)は、根が深い。酒を飲んで日ごろの留飲を下げられるのは、経済が右肩上がりの年功序列社会で、今を耐えれば将来は良いことがあると思えたからだ。それがもはや通用しない。こうなれば会社などのタテ社会のストレスに耐える気もなくなる。逆に酒を飲んだところでストレスは解消されず、リフレッシュにもならない。
サントリーRTD事業部の和田龍夫企画部課長は原田説の(3)と同じような見解だが、酒離れの背景に、若者ならではの純粋さも感じている。その純粋さとは、「彼らがムチャ飲みして酔っぱらいにならないのは、酔っぱらいをダサいと思っているからです。陰で上司の悪口を言って憂さを晴らすような姿が、目前の障害に正面から向き合わず逃げているように映るのでしょう。彼らなりに逃げないようにしたら、結果的に酒離れになったんじゃないですか」(以上コラムより)

酒の飲み方一つとってみても、もはや、若者にとっては、その行為が、次の自らの活力を上昇していく事に直結していない。それどころか、酒を飲んで憂さを晴らすといった行為(旧い現実)が、既に現実を捨象した一時的なまやかしの行為である事を体感できており、彼らなりに、逃げないという事が、今の現実を直視する事に向かっており、そして、彼らの意識の先端には、社会不全→みんな期待といった意識が徐々に顕在化してきていると言えるのではないでしょうか?

>だとすれば求められるのは、本来の社会不全→みんな期待に即応した本来の社会的役割。新しい共認域を拡大すること、そして新しい現実=意識をより顕在化させる構造認識だと思います。

まさに、「なんで屋」が彼ら若者の心をとらえているのも、この旧い現実から突破でき、本来の社会不全→みんな期待に即応した魅力ある場として写っている証なのだと思います。


(引用:■若者の酒離れの意識の先に(『るいネット』より)


なるほどなと思う反面、寂しいなと思ってしまったりします。

価値観は時代によって大きく変わるものではありますが、「温故知新」ということばがあるように、多少なりともそういったもの(酒付き合いを昔のコミュニケーションと例えて)を付き合い程度することも必要かと思います、個人的にですが…。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


そんな私、タバコにお酒、車、若者が離れていっているものが大好きでありまして、もう私も古い部類の人間に該当してしまうでしょうね??

…で、私の場合は、最近の若者を見習いたいと思う今日この頃であります(汗)?!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

リンク

ブログ担当者

【プロフィール】
  担 当:職員☆R(㌃)
●生まれ : 岡山市
●血液型 : B型
●星  座 : かに座
●社協歴 : 8年(うち介護職5年、事務局歴3年)
●好きな音楽ジャンル : ハードロック&ヘビメタ
●最近のマイブーム: ポン酢を使うこと
●好きな四文字熟語: 質実剛健
●欲しい車: スバルR1(理由:私と一緒の名前だから…汗?!)

*このブログを通じて、みなさんに社協、福祉のことを身近に思ってもらいたいと思います!!                    

ブログランキング

■クリックしていただくと参加しているランキングが上がります。
社協の知名度向上に是非ご協力を!
人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

最近のコメント

文字拡大ツール


ランキングの推移

マイブログリスト

最近の記事

せとうち社協☆男性職員紹介

せとうち社協☆男性職員一同です!御ひいきの程よろしくお願いします!!

職員S(39・A型)

【職員S(牛窓支所勤務、ボラ担当)】 
ダンスが得意で唐揚げ好き。2009年3月27日(金)某民放放送(山○放送)に出演したことあり(顔のアップあり)。職員☆Rが入社当初よりセンター分けである。特技は詩吟らしく、「彼は上手いよ!」と師範をうならせる実力も持ち合わせている。実名で検索(画像検索も含む)すると、必ず上位に登場する。ただ最近、お腹周りが…大汗?!

職員P(36・P型)

【職員P(長船支所勤務、ボラ担当)】 
腰の低さは天下一品。しかし、かかわる事を大きくすることが…汗?!バスケが得意で中学校ではキャプテンをしていたとか。最近、俳優の斉藤○介さんにそっくりである…!?ちなみにマリナーズのイチロー選手、巨人の小笠原選手と同じ歳、そしてヤンキースの松井選手の1つ年上である。

職員Y5(33・AB型)

【職員Y5(牛窓支所勤務、共募担当)】
深夜2時までテレビゲームをする名うてのゲーマーである。最近、HTML入力技術を職員S氏から伝授されたらしく、当会ホームページもHTML入力でアップデートしている模様。お気に入りのゲームは【龍が如く】であり、同ゲームに出てくるラーメンをコンビニで購入していた…。最近買ったゲームは「トモダチコレクション(DSソフト)」らしい。80年代ポップスから最新のヒット曲まで、くまなくチェックしている模様。

職員R(脳内メーカー【犬】Ver.)

【職員☆R(邑久本所勤務)】
当ブログ管理者。せとうち社協男性職員では二番目の若手!持ち前の明るさを売りに地域福祉を推進中です!!

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ウリボー お花キャッチゲーム

RSSフィード

アナログ時計

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。