こちら☆せとうち社協です!!
岡山県にある瀬戸内市社会福祉協議会(邑久本所)のブログです。「福祉や社協らしからぬブログ、でも(瀬戸内市)社協でしかできないブログ」がコンセプト。福祉、ボランティア、エコ、車、ドラマなどなど、ジャンルの壁を越えてタイピング中です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パート職員Mの『世間から「地域福祉」を見てみると・・』

お久しぶりです。パート職員になったMです。
あまりにも、ブログが寂しいことになっていますので、1回のみの再登場です。
(復活ライブみたいなものですか・・)

○「福祉」を意識することはありません
パート職員としてたまに(週1回)社協に出てきますが、それ以外の日は何をしているのかをちょっとふれておきます。6月退職以降、経営コンサルタント(中小企業診断士)として独立し、個人事業を営んでおります。意外にも(?)、多くのお仕事を頂き、生活出来ております。自分で言うのもなんですが、かなり「ビジネスパーソン」ですよ。
 個人事業主ですので、定時もなければ、残業もありません。仕事があるときはずっと仕事なのです。朝早く電車に乗り、ちょっと偉そうにしゃべり、夜遅くまで執筆する。社協の来る日以外は、「地域福祉」を意識することはありません。実際に多くのビジネスパーソンも同じようだと思います。

○地域福祉は意識しないけど、「助け合い」「支え合い」は意識する
  ビジネスの世界での仕事、特に個人で仕事をしていますが、本当に「ひとり」で何でも出来ることはありません。やっぱり、「助け合い」「支え合い」がないといけないわけです。福祉活動をしているわけでなくとも、人間同士のつながりという意味で共通しています。
個々の「助け合い」「支え合い」が近隣へ、地域へ広がってくる、こういうことがひいては地域福祉となるのではないかなと思います。

○バブル崩壊・リストラ・成果主義
 もともと組織やチームで仕事をするのですから、「助け合い」「支え合い」がないと上手くいきません。これは個人事業であっても言えることです。また、仕事でなくとも生活する地域でも同じことが言えるでしょうね。
 ただ、社会環境がこの「当たり前のこと」を変えてしまったのかもしれません。バブル崩壊後の長期の景気低迷は、リストラ・就職難という事態を招きます。その結果、組織への信頼は地に落ちます。今まで長期雇用が前提であったものが、いつ首になるか分からなくなりました。個人主義かつ短期的な損得を重視する傾向が強くなります。また成果主義による人事評価制度は上記の傾向を加速させました。
 「助け合い」「支え合い」という行為は短期的に考えると、やった方が損です。極端に言えば、助けた人に別の機会などで助けてもらえる保証はどこにもありません。ただ、長期的にはどうでしょうか。それを今、成果主義人事制度が証明しようとしています。


○助け合い・支え合いはやっぱり必要
 成果主義人事制度は、一定の役割は果たしたものの、100%成果主義は難しいという結論に達したと思われます。個人主義や短期的な成果を重視することは、プラス面よりもマイナス面が強かったようです。もちろん、成果主義が適している仕事(プロ選手など)もありますが、多くの会社では、「チームワーク」「合意形成」など、旧来の年功序列ではないものの、社員の「助け合い」「支え合い」を重要視する流れにあります。
 採用においても長期的な視点からの採用、また、働く側も長期雇用を望む傾向が強くなっています。

○助け合い・支え合いは「高度な」もの
 組織における助け合い・支え合いは、自然に出来るものだとは思いません。チームワークを発揮したほうが、組織のパフォーマンスが高めるから行うのです。また組織の構成員が長期的には「お互いが」助け合う・支え合うことが前提でなければなりません。いわゆる「フリーライダー問題」が発生するような土壌では成り立たないものです。繰り返しますが、この「お互い」の部分が欠落すると、一方的に「助ける」「支える」です。
 つまり、助け合い・支え合いは「高度な」な取組みであるといえると思います。普通になんとなくではなく、その仕組みがないと自然にはそうならないということです。組織を例にとれば、人事評価で重視する、極端な差別的賃金を導入しない、採用時に協調性を求めるなどの手段が考えられます。

○助け合い・支え合いは生活していく上での基本
助け合い・支え合いは「地域福祉」だけに必要なものでなく、仕事をするうえでも、生活していく上でも必要なことです。それゆえに、助け合い・支え合いを教える福祉教育は重要なのだと思います。ただ、福祉のみという近視眼的ではなく、広く応用が利くようなものであればもっといいと思います。

○これからの地域福祉は
 福祉は他の社会環境や社会動向に影響を受けます。働く場所で「助け合い」「支え合い」が重視される傾向が強くなれば、地域福祉への関心も必要性も高まるかもしれません。
 時代の変化に対応し、時代に相応しい地域福祉が推進されることを期待したいと思います(これは少々、強引なオチかもしれませんが・・・汗?!)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

リンク

ブログ担当者

【プロフィール】
  担 当:職員☆R(㌃)
●生まれ : 岡山市
●血液型 : B型
●星  座 : かに座
●社協歴 : 8年(うち介護職5年、事務局歴3年)
●好きな音楽ジャンル : ハードロック&ヘビメタ
●最近のマイブーム: ポン酢を使うこと
●好きな四文字熟語: 質実剛健
●欲しい車: スバルR1(理由:私と一緒の名前だから…汗?!)

*このブログを通じて、みなさんに社協、福祉のことを身近に思ってもらいたいと思います!!                    

ブログランキング

■クリックしていただくと参加しているランキングが上がります。
社協の知名度向上に是非ご協力を!
人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

最近のコメント

文字拡大ツール


ランキングの推移

マイブログリスト

最近の記事

せとうち社協☆男性職員紹介

せとうち社協☆男性職員一同です!御ひいきの程よろしくお願いします!!

職員S(39・A型)

【職員S(牛窓支所勤務、ボラ担当)】 
ダンスが得意で唐揚げ好き。2009年3月27日(金)某民放放送(山○放送)に出演したことあり(顔のアップあり)。職員☆Rが入社当初よりセンター分けである。特技は詩吟らしく、「彼は上手いよ!」と師範をうならせる実力も持ち合わせている。実名で検索(画像検索も含む)すると、必ず上位に登場する。ただ最近、お腹周りが…大汗?!

職員P(36・P型)

【職員P(長船支所勤務、ボラ担当)】 
腰の低さは天下一品。しかし、かかわる事を大きくすることが…汗?!バスケが得意で中学校ではキャプテンをしていたとか。最近、俳優の斉藤○介さんにそっくりである…!?ちなみにマリナーズのイチロー選手、巨人の小笠原選手と同じ歳、そしてヤンキースの松井選手の1つ年上である。

職員Y5(33・AB型)

【職員Y5(牛窓支所勤務、共募担当)】
深夜2時までテレビゲームをする名うてのゲーマーである。最近、HTML入力技術を職員S氏から伝授されたらしく、当会ホームページもHTML入力でアップデートしている模様。お気に入りのゲームは【龍が如く】であり、同ゲームに出てくるラーメンをコンビニで購入していた…。最近買ったゲームは「トモダチコレクション(DSソフト)」らしい。80年代ポップスから最新のヒット曲まで、くまなくチェックしている模様。

職員R(脳内メーカー【犬】Ver.)

【職員☆R(邑久本所勤務)】
当ブログ管理者。せとうち社協男性職員では二番目の若手!持ち前の明るさを売りに地域福祉を推進中です!!

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ウリボー お花キャッチゲーム

RSSフィード

アナログ時計

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。