こちら☆せとうち社協です!!
岡山県にある瀬戸内市社会福祉協議会(邑久本所)のブログです。「福祉や社協らしからぬブログ、でも(瀬戸内市)社協でしかできないブログ」がコンセプト。福祉、ボランティア、エコ、車、ドラマなどなど、ジャンルの壁を越えてタイピング中です!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月号は夏ボラ総力特集

 みなさんこんばんは。
 
 ただいま夏のボランティア体験が市内各地で実施されております。広報誌「せとうち社協通信2.0」8月号においても総力特集で「夏ボラ」を取り上げます。

 主に活動しているところの写真を紹介する内容ですが、今まで撮影した枚数(7月末現在)は300枚以上だと思います。その中から10数枚をセレクト、なかなか躍動感あるいい写真だと思います。

 どの写真をどの大きさでどこに配置するか、ちょっと前まで職員で検討していました。結構疲れました・・・。

 おそらく8月末までには写真総数は600枚、いや1000枚くらいになるかもしれません。

 近所の子や、ご自身のお子さんの活躍している風景が掲載されているかもしれません。是非、読んで(見て)いただきたいと思います。

●こんな感じです。
 厳選した写真

 ※詳細はせとうち社協通信2.0 8月号で!

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

スポンサーサイト

週刊誌みたい? 広報誌PR作戦

 みなさんこんにちは。
 最近かなり広報誌やホームページに力を入れている職員Mですが、ちょっと週刊誌風に中吊り広告を作ってみました。

広報誌のPR用中吊り

 大きい画像は瀬戸内市社協ホームページでご覧ください。

 今回も20件くらいの投稿があります。いずれも市民の方に書いてもらった力作です。今まで読んだことない方も一度手にとってもらえるようにかんばっていきたいものです。

 中吊り広告って電車でよく見ますよね(特に都会)。また新聞でも下のほうにあります。個人的には中吊り結構好きなのですが、皆さんはどうですかね。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

 今、夏ボラ真っ盛りです。職員Rのステーション日記にて夏ボラの様子を紹介しておりますので、ご覧いただければと思います。


世界最大のカブトムシ 授産施設で養殖に成功

 みなさんこんばんは。
 朝ごろごろしていると「カバみたいね」と妻。ダイエットのためにスポーツクラブで走ってました。

 授産施設や作業所などでは、パン・工芸品・軽作業など、いろんな仕事をされています。
 いろいろですが、まさか「カブトムシ」の養殖とは、驚きです。

(引用開始)
 福井県越前市の障害者授産施設が二十七日までに、世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」の養殖に成功した。福祉サービス利用料の原則一割負担を定めた障害者自立支援法の施行で、通所する知的障害者の負担が増加したため、高値で取引される希少昆虫の養殖で賃金アップを図るのが狙い。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月28日)

(引用終わり)

●わかたけ福祉工場 昆虫事業部
 http://www.waka-her.com/

 上記URLが新聞記事になった施設です。写真入りで「ヘラクレス」が紹介されていますのでご覧いただければと思います。

 ちょっとヘラクレスオオカブトの値段をググってみたところ、リアルに高い価格でした(数万円)。

 障害者自立支援法については賛否両論ですので感想は書きませんが、上記のような創造的な取り組み、非常に素晴らしいことだと思います。 まさに自立に向けた大きな一歩でしょう。

 上記のように大企業や行政機関が手をつけない(つけにくい)ニッチな部門というのは多くあります。企業が進んでやるようなことを授産施設が行ったとして、実際には厳しい戦いになると思われます。カブトムシの養殖という事例、非常に参考になるものだと思います。

 職員M、すっかり子供のこころは失いましたが、子供たちはカブトムシ大好きなんでしょうね。

聴覚障害者用屋内信号装置

 みなさんこんにちは。今日は夏休みですが投稿します。
 職員Rが私のことを褒めてくれているようですが、ちょっと訂正するところがあります。

 ↓内容はこちら↓
 http://blog.livedoor.jp/osafunesisho/

 『基本的に「行動と効果(ロジカル・シンキング)」というものを考えておられる方で』

 ここのロジカルシンキングは和訳で「論理的思考」です。
 原因と結果くらいだとよかったのですが。


 とここから本題です。
 
 e連携フォーラムというホームページがあります。基本的にはビジネスなのですが、結構福祉に関係することが多く取り上げられています。ほんと福祉っていろんなところで関わりがあるということを実感できます。

 その中で、、聴覚障害者用屋内信号装置が紹介されていました。平たく言えば、音を文字や振動で伝える装置です。

 この聴覚障害者用屋内信号装置、確かに必要なものですが、儲かるかと言われれば難しいと言わざるを得ません。
 なのになぜこの製品を開発したのかと言えば、番組では、開発した会社の社長さんが耳が聞こえにくい方だったことがきっかけのようですが、この装置は聴覚障害者だけでなく、いろいろな場面で活用できると考えているそうです。たとえば騒音の大きい工事現場などでの連絡にも使えると思います。
 きっかけは聴覚障害者のため、そして利用範囲が広がることでビジネスとして成立する。こうなっていけばより福祉が充実していくことでしょう。福祉=負担でなく、みんなが良い、ユニバーサルデザイン的な発想でしょうか。

 参考URL:e連携フォーラム
 https://www.e-renkei.jp/


 話戻りまして、Rさんの文章は愛情丸出しですね。ちょっと気持ち悪いです。
 

いろいろな原稿をいただきます。

 みなさんこんばんは。
 ただ今、せとうち社協通信2.0の編集作業を行っております。お盆をはさむこともあり、締め切りが若干早いのでいつもより忙しい作業になっています。

投稿原稿


 毎回、皆さんから投稿の原稿をいただきます。いろいろな個性が出て楽しいですね。はやり一人が書くよりも読んでいただく方も変化があっていいのではないかなと思います。

 誤字脱字以外はほとんど手直ししておりませんので、ほんと生の声ですよ。皆さんにより身近に感じていただけるのではと考えています。

 これからもどしどし投稿お願いいたします。
 (※8月号は紙面は一杯になりました。ありがとうございました。)


人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

同じタイプの人がいる

 みなさんおはようございます。今、瀬戸内市では夏のボランティア体験を実施中です。市内のいろいろなところで主に中高生がボランティアをしています。詳しくは職員Rのステーション日記で紹介しています。

 仕事も終り、帰ろうとすると職員R(7歳年下)がきょろきょろしているので、「ああRくん帰るよ」と言うと「ちょっと待ってくださいよ」と。別に待ってもなんにもなくちょっとタバコを吸い、駐車場までおしゃべりするだけです。

 この風景、そういえば10年前にもありました。当時勤めていた会社で、夜もしっぽりとふけ「ではお先に失礼します」というと「えーちょっと待ってや」と先輩社員(6歳年上)がいうのです。これも待っても特になにもありません。(当時の会社は大阪の中央区にあり、この人は奈良県人)

 帰ろうとすると呼び止められる風景、仕事の内容や場所こそ違い、変わりませんね。

 それだけでなく、この2人かなり多くの共通点があります。上司の物まねが大好き、内弁慶、「昔はもてた」という決めゼリフなどです。

 
 考えれば、住むところが都会であろうと田舎であろうと、働いている業種がなんであろうと、社協職員か会社員であろうと、構成している人間がそう変わるものではありません。

 Rくんと先輩社員、正反対な環境にあるものの、行動様式は同じなのです。このあたりに地域福祉の普遍性が考えられるのではないかと思います。

 もちろん地域特性や福祉の理念などもありますが、今はそんなにどこでも変わりないと思いますよ。
 (・・・今回の締めはかなり強引だったと思います)

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)



 

介護職員「40万人増員必要」

 みなさんこんばんは。最近は地方部や中小企業では実感が得にくいですが、景気回復を背景に介護の担い手不足が懸念されているようです。

(引用開始)
 介護職員「40万人増員必要」
 厚生労働省は、団塊世代の高齢化に伴う介護ニーズを賄うには、二〇一四年まで介護職員などを四十万-六十万人増やす必要があると推計をまとめた。現状に比べ介護サービス従事者が四-六割増となる計算だ。ただ介護職員は離職率が高く、人材難が深刻。労働力人口が年々減るなかで人員を確保するには、外国人労働者の受け入れ拡大も含む抜本策が必要との指摘も出ている。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月23日)

(引用おわり)

 社協では介護の仕事もやっておりますので介護は結構身近に感じています。離職率の高さ、低賃金などの問題もあり、必要不可欠な仕事であるものの、なかなか難しい面を多く抱えていると思います。
 とくに低賃金の面では外国人労働者との指摘もあるようですが、昨今フェアトレードの観点からも単純に解決できるものではないでしょう。
 
 介護という社会にとって必要不可欠な仕事、どうあるべきか考える時期にきていることは確かだと思います。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

 

ソーメン南瓜をいただきました

 みなさんこんばんは。
 今日、ボランティアに来られた森本さんから珍しいものをいただきました。

●ソーメン南瓜
ソーメン南瓜


 どうも牛窓町の特産品のようですが、初めて見ました。ゆでるとソーメンのようになるそうですが、詳細は不明です。
 ネットで調べても良く分かりません。どうも職場内で聞く限りは酢の物にするそうです。

 とりあえず家に持って帰って料理してもらおうと思います。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

真夏のゴルフ ご用心

 みなさんこんにちは。日曜のひとときいかがお過ごしでしょうか。昨日あたりから暑いですね。ゴルフにお出かけという方もいらっしゃるかもしれません。

(引用開始)
真夏のゴルフ ご用心

 約一千万人といわれる日本のゴルフ人口。これからの季節は、夏の青空のものでショットを放つ壮快感が楽しめる。ただ、高温多湿、炎天下でのプレーは中高年にとって想像以上に過酷。熱中症対策など、体調に気を配りながら夏のゴルフを満喫したい。

出所:日本経済新聞朝刊(7月29日)

(引用おわり)
 たまに職員Mもコースを回ることがありますが、確かに真夏はきついですね。でも好きな人は暑いからという理由ではいかない理由にはならないでしょう。だからこそ真夏対策必要ですね。

 ■真夏のゴルフのチェックポイント
 出かける前に・・・
  ゴルフ場選び
    できるだけ近場でアップダウンの少ないコース
  メンバー
    無理なプレーを避けるために同じレベルの人と
  前夜の飲酒はほどほどに
    脱水症状や血圧上昇の原因に

 ■コースに出たら・・
  水分補給
  通気性、吸汗性の良いウエアと着替え
  冷房のきいたクラブハウスからいきなり出てプレーしない

 ※上記引用より作成

 ゴルフだけでなく、これからのシーズンは暑さ対策をしっかりとしなければなりませんね。以前は暑かろうと食欲が減ることはなかった職員Mですが、歳のせいか多少落ち気味です。

 といってもちょっと暑いと「暑い・暑い」を騒ぎ、「暑いの苦手なんすよ」と自己主張する職員R。だれでも暑いんだからあんまり騒がずに、しっかりやってください。


 

心に残る言葉・名言集

 みなさんこんばんは。今日はおとなり西大寺でお祭りのようです。職員Mのアパートからも花火を見ることができます。

 自宅で「メールマガジン」をいくつか読んでいます。その中で名言や紹介されていたり、心に残ることを書かれていたりします。忘れてしまうのはもったいないですので、メモにとってあるものを少し紹介したいと思います。



一生懸命だと智恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳が出る


楽天の野村監督がこう言っていた。
「偶然、勝つことはある。しかし、偶然、負けることはない」

一升瓶に一升のお酒を入れてしまうと、ちょっと動くだけでこぼれてしまう。どうしてもそうなるのです。初めから八分目から九分目に入れておけばこぼれずにすむ、無駄にならないのです。残りの二分はどうすればよいでしょう。人に初めからあげておけばいい。人も喜ぶし、お酒も無駄になりません。
『ああ正負の法則』美輪明宏


「コミュニケーションで一番重要なのは、言葉以外のメッセージを聞くことである」(ピーター・ドラッカー)

夢が人を裏切るのではなく、人が夢を裏切る
『大切なことに気づく24の物語』


出所:ビジネスブックマラソン
   名古屋商法~名古屋から日本を元気するメルマガ~

 どんなものでしょうか。個人的には一番上の言葉が印象的です。愚痴や言い訳をしてしまうとき、それは一生懸命でないからだと自らに問いかけたいと思います。

ノーテレビ・ノーゲームデー

 みなさんこんにちは。職員Mの子供のころはテレビをよく見たような気がするのですが、最近の子供もよく見るようですね。

(引用開始)
 家に閉じこもって、テレビやゲームに興じるわが子の姿に悩む親は多いだろう。禁止する手もあるが、「学校で子どもが話題についていけず、仲間外れにされたら」などと思うと踏ん切りがつかない。では、地域ぐるみでとり組んだらどうか。そんな「ノーテレビー・ノーゲームデー」が各地に広がっている。
 
 出所:日本経済新聞朝刊(7月19日)

(引用おわり)

 「ノーテレビー・ノーゲームデー」というのは初めて聞きました。確かに長時間テレビやゲームをするのは良くないですね。
 子どもに限らず「とりあえずテレビをつける」というのはよくあることだと思いますが、親子の会話や宿題など、「テレビばかり」にならないように地域で活動していく、面白い取り組みだと思います。
 地域でとり組めば、「話題についていけない」こともなく、みんなやっているからととり組み易いと思います。

 ちなみに上記引用では日本の子どもは国際的に見てもテレビ漬けの傾向が強く、日本の中学生は一日平均2.7時間テレビを見るそうです。

 子どもも大事ですが、とりあえず大人もすぐにテレビをつけず、一緒に話をしたり、宿題を教えるなどが必要だと思います。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

上杉謙信の家訓

 みなさんおはようございます。

 昨日のその時歴史が動いた(謙信恐るべし) をご覧になりましたか。ただ今、大河ドラマでやっているので興味ある方も多いのではないかと思います。

 戦国時代というのは歴史の中では最も人気のある時代だと思います(職員Mは幕末ですが)。とある戦国時代のシミュレーションゲームをやった(やっている)人もいらっしゃるかもしれません。私も以前昼夜を問わずやったことがあります。

 上杉謙信の武功やその私欲のない人間性、経済感覚に優れていたなどが紹介されていましたが、もっとも印象に残ったのが、「上杉家の家訓」です。

 番組ホームページから引用させていただくと以下のとおりです。

 「心に物なき時は心広く体泰なり」
 「心に我が侭なき時は愛敬失わず」
 「心に欲なき時は義理を行う」
 「心に私なき時は疑うことなし」
 「心に驕りなき時は人を教う」
 「心に誤りなき時は人を畏れず」
 「心に邪見なき時は人を育つる」
 「心に貪りなき時は人に諂うことなし」
 「心に怒りなき時は言葉和らかなり」
 「心に堪忍ある時は事を調う」
 「心に曇りなき時は心静かなり」
 「心に勇ある時は悔やむことなし」
 「心賤しからざる時は願好まず」
 「心に孝行ある時は忠節厚し」
 「心に自慢なき時は人の善を知り」
 「心に迷いなき時は人を咎めず」 

 物事や世の中が良いか悪いかは結局のところ「人の心」次第だといえるのではないかなと思います。

 この中で一番印象に残ったのは、「心に曇りなき時は心静かなり」です。自分が正々堂々、私欲なく、卑怯なことをしていないと思えば、いつもおだやかに、落ち着いて行動できるといった意味ではないかなと思います。職員M、こんな境地に立てるのはいつの日か分かりませんが。

●参考URL
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/main.html

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

学問や部門の境界は無意味になっている

みなさんこんばんは。家に帰ってから子守をした後の更新です。

 福祉、教育、産業、文化などいろいろな学問や部門がありますが、この境界は単純に線を引けるわけでなさそうです。

(引用開始)
 近代合理主義はもっぱら物事を部分や要素に還元し、全体を部分の相総和と捉える。彼はそうした要素還元主義の世界観を否定した。
 知識社会では、知識そのものの性格や意味、構造が従来とはおよそ異なる。学問の世界でも知識の流動はやまず、大学では学部や学科や科目はすぐに陳腐化する。生理学と心理学、経済学と行政学、社会学と行動科学などの境界も無意味になった。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月18日)
    やさしい経済学 ドラッカー「断絶の時代」 

(引用おわり)

 難しい引用ですが、たとえば地域を考えたときに、福祉、教育、雇用、医療、文化、行政などが個々にあり、その総和が地域であるとする考えかたではなく、各分野が複合的にあるとするものです。
 地域福祉も同様で、福祉だけでなく、様々な分野と学際的な関係にある。これからはその傾向が加速すると上記引用からはそう読みとることができると思います。

 特に心理学や経済学、法学、政治学などと福祉はすでに密接とかんがえても良いのではないかと思います。これから地域福祉を推進するうえでもっといろいろな知識や経験を積み重ねる必要がありそうです。

見事な写真と見事なイラスト

 みなさんこんばんは。本日は見事な写真とイラストをご紹介します。

 まずは笠加にお住まいの大原さんの一枚
見事な写真(SLやまぐち号)


 8月号せとうち社協通信2.0の裏表紙「まちの写真家さん」コーナーに一枚投稿していただくことになり、もってきていただいたものの中から一枚です。躍動感がある写真ですよね。

 つぎに、職員Rのイラストを一枚。これは8月号せとうち社協通信2.0の四コマ漫画の一こまです。
見事なイラスト(広報用)


 残念ながら広報では2色刷りなのですが、ちょっとカラーをお楽しみください。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

ユニークな資格 若手の士気向上に一役

 みなさんこんにちは。

 世の中「資格ブーム」とようですが、公的資格は基本的には一般的(汎用的)であるため、個々の法人や地域ごとに特色のある「資格」が注目されているようです。

(引用開始)
 ユニークな社内資格を導入する企業が相次いでいる。来店客や取引先に専門知識や熟練した技能を持つ社員が対応し、売り上げ拡大につなげる、若手社員らの士気を高める狙いもある。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月16日)

(引用おわり)

 「お好み焼き士」、結構面白そうですね。当然取り組んでいる人は本気なんですが、顧客視点で見ると、ユニークに感じます。やはりこういった特色があると話題にもなりますしね。

(引用開始)
 イオンは、今年六月、各売り場の商品知識が豊富な従業員を宣伝チラシでアピールし始めた。介護用品を扱う「シニアケアアドバイザー」など現在十七資格がある。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月16日)


(引用おわり)

 たしかに介護用品というのはなかなかどれが良いかわからないと思います。その時にこの人はよく知っているということがわかれば安心です。

 ちょっと思うのは、「資格なんかもっててもねえ、それよりも経験と実績だよ」なんて言われてた(※職員Mの前職での話)時とは違い、資格と能力が近くなっている(もちろん100%ではないですよ)ような気がします。それと変化のスピードが速く、しかも製品やサービスが高度化、複雑化していく中で、「見えにくい経験」よりも「見える資格」の方がわかりやすいというのもあるのではと思います。

 経験の蓄積というのはもちろん大切ですが、いかんせん「達成感」が得にくい、資格なら合格すれば「達成感」がある。最近の風潮にもマッチしているのではないかなと思います。

 社内資格はいわば特定の会社が勝手に作っただけですので、法的にはとか、なんの根拠が?と問われてもなにもありません。それだけになんても面白そうだからと社内資格を作ってもいい訳ではありません。それは会社の信頼を損ねることになるからです。前述の介護用品の社内資格にしても実際に聞いてみると大したことなかったなんてことになると、それこそ信頼を損ねるばかりで、社内資格を作っただけマイナスになりかねません。しっかりとした制度や試験が必要でしょう。

 ちょっと社協で考えますと、基本的にわかりにくい仕事です。わかりやすくするためには、「社内資格」、これは使えるのではないかなと思います。ただ、瀬戸内市社協だけではあまりにも有り難味がないので、もっと広範囲で(たとえば岡山県)あればいいと思います。

 月並みですが、「ふれあいサロンアドバイザー」とか、「窓口相談士」とかどうでしょう。ただのにいちゃんよりも安心していただけるかもしれません。

横文字が氾濫する世の中ですが・・・

 みなさんこんばんは。

 最近横文字をよく使うことがあります。地域福祉活動計画の報告書をつくるときに、どの程度まで横文字を使うべきかでいろいろ検討しました。やはりできるだけ避ける方が良いと思うのですが、それでも世の中に横文字が氾濫するのはなぜでしょうか。

 「福祉」という言葉、古くからあるように思うのですが、意外と最近できた言葉であることはご存じですか。「福祉」という言葉ができたのは、戦後になってから。GHQ(連合国軍総司令部)が憲法をつくるとき、「welfare」の訳がないため、「福祉」という訳をつけたことが始まりです。(※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考)

 要は横文字を使うということは、概念や事象などを外国から取り入れていることになるのですが、「welfare=福祉」というように訳すれば良いと思うのですがそうもいかないようにも思います。

 その理由として思うのは、やはりIT(情報通信技術)の進展をあげることができると思います。IT用語ってほとんど横文字です。しかもどんどん増えていきます。それを和訳することは困難(めんどくさい?
でしょう。インターネット、アプリケーション、プロバイダ、サーバ、プロトコル、データベース・・・などなど、あげるときりがないでしょう。
 
 それと、和訳できない、もしくはしにくいというものあると思います。以前にも書いたと思いますが、「management:マネジメント」という言葉を訳すると「管理」となると思います。しかし管理は「control」の訳でもあり、そのすみ分けが難しくなる、よって横文字のまま使うことが良いように思います。

 最後に横文字の方が「かっこいい」「頭がよく見える」というもの理由ではないかと思います(これはかなり個人差があると思いますが)。
 
 今後、情報の流通は加速されると思いますので、より横文字は氾濫すると思います。ただし使いすぎには注意ですね。できるだけ日本語表記すべきだと思います。

 といっても、横文字はダメというわけでもありません。確かに知っておいて損はないので、特に若年層は嫌がらずに積極的に身につける必要があると思います。あくまでも使うときには時と場合を考えてということです。

 という職員Mも少々使いすぎるきらいがありますので、気をつけねばなりませんね。

ホームページに新コーナーつくりました。

 みなさんこんにちは。台風4号が接近していますね。どうも瀬戸内市にも影響がありそうですので十分注意が必要ですね。

 瀬戸内市社協ホームページに新コーナーを作りました(それも2つです)

 まずは「なんでもランキング」
 ↓ページはこちら↓
 http://www.fukushiokayama.or.jp/setouchi/nandemoranking.htm

 これはせとうち社協通信2.0に連載しているものをWeb用にしたものです。使用しているイラストをカラーにしています。社協通信では小さなコーナーなのでホームページのほうが見やすいと思います。

 そして「4コマ漫画:しゃきょうくんが行く!」
 ↓ページはこちら↓
http://www.fukushiokayama.or.jp/setouchi/4komamanga.htm

 これもせとうち社協通信2.0に連載しているものをWeb用にしたものです。同じくイラストをカラーにしました。大きなイラストで見やすいと思います。

 2つとも広報誌からの転載ですが、連載ものだけを集めることでまとめて見ることができます。バックナンバーも見れますしね。

 広報誌発行ごとでの更新となりますが、新コーナー宜しくお願いいたします。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

グローカルって

 みなさんこんにちは。雨も降りそうでふらない天気ですが、台風は15日あたりのようですね。

 「グローカル」という用語をご存知ですか。これは「グローバル(全世界)」と「ローカル(地域特性)」を組み合わせた造語です。あまり頻出する言葉ではありませんけど、たまに聞くことがありますよ。


 ちょっと前までは地域と東京、まして世界なんて関係ないものでした。でも最近はちょっと身近になっているように思います。インターネットで世界中の情報を見れることが大きいと思いますが、電話代も以前より安くなり(スカイプならタダ)、新幹線も早くなり、高速道路もいっぱい出来てかなり近くなっています。

 それが日本と世界においても同様に起こっている、これを「グローバリゼーション」と呼ぶこともありますが、地域と世界が近くなっているということは、世界の流れや変化に地域が以前より強く影響を受けるということになります。

 そういえばうちの妻、瀬戸内市以外で住んだことないのになぜか「標準語」をしゃべることがあります。これはグローバリゼーションの影響でしょうか。

 グローバリゼーションは人の動きを自由にしました。これにより地域の人の出入りが激しくなり、地域の多文化、他宗教、多価値化します。

 これを「グローカル」といいます。

 これは「地域の特性を大切にしながら」かつ「世界的な環境変化にも対応する」というように使われたり、「根幹技術を世界で標準化し」かつ「地域に応じた製品を作る」と使われたりします。

 ちょっとした流行言葉になるかもしれませんが、この「グローカル」という考え方、地域福祉にもひょっとしたら使えるかもしれません。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)


 

「せとうち社協通信2.0」8月号を作ってます

 みなさんこんにちは。土曜日あたりに台風が来るのが予測されていますね。万一のために注意しておきましょう。

 瀬戸内市社協の広報誌「せとうち社協通信2.0」8月号の紙面づくりを今行っています。概ね8月中旬発行なので早いなあと思われるかもしれませんが、このくらいから始めないと間に合いません。

 大体の発行スケジュールですがこんな感じです。
 7月末まで 原稿締め切り
 8月初旬  校正・印刷業者に発注
 8月中旬  印刷完了・配布

 となります。結局、発行日の約1ヶ月前までの内容しか掲載できないのが残念です。

 紙面づくりですが、
 1.大まかな紙面構成を決める
 2.個別の記事を書く(投稿していただく)
 3.個別の記事を組み合わせる
 4.記事タイトルや写真の位置などを調整する
 5.イラストなどを加える
 6.事務局職員で校正を行い、誤字脱字等を訂正する
 7.概ね本番のような印刷をする
 8.全体的なイメージを整える

 とこんな流れで広報誌を作っています。

 「以前に比べればよくなった、見やすくなった」という声をたまに聞きます。まだ多くの方に愛読いただけるまでにはいたっておりませんが、励ましのお言葉を胸に一層の改善・充実を行いたいと思います。
 
人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

切磋琢磨(せっさたくま)すること

 みなさんこんにちは。
 「競争」という言葉にどんなイメージをお持ちですか?概して言えばあまりいい表現ではないかもしれません。格差社会、成果主義、負け組みなど「競争」の負の面が大きくクローズアップされているようにも思います。

 しかし、「負けてくやしい」「もっと上手くなりたい」という意識は自然なもののように思います。自己の成長や組織の発展にとって「競争」が必要な場面もあると思います。

 ということで、最近は職員間で競争する機会を多く作っています。
 
 1.ブログづくり
 2.ボーリング
 3.カラオケ
 4.ビリヤード
 5.ゴルフ

 なんと遊びばかりですが、お互いに競い合うことで向上していこうとするのが狙いです。

 「競争」する上で大事だと思うのが、「お互いが成長する」「よりよりモノができる」など切磋琢磨できることです。実際の勝ち負けはそんなに問題ではありません。

 なんでも競争というのはギスギスしすぎだと思いますが、たまには競争することも悪くないと思います。

 ※どうも職員Mの得意なところばかりで「競争」しようとすると、他の職員から苦情があるようです。気のせいですよ。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

交流そして連携へ

 みなさんこんにちは。

 先週の土曜日、主に県南の社協職員の交流会を行いました。
 夕方から深夜にかけて楽しい会となりました。


●バーベキューの準備でよく働く職員M(写真左)
働き者の職員M


 社協は各市町村ごとに設置されている公共性の高い団体ですが、各社協同士は単独で活動しています。
 今は人の流れも多様で(例えば瀬戸内市に住んでいて、職場は備前市、親戚は倉敷市に住んでいて、買い物は岡山市に行くという風に)、瀬戸内市社協は瀬戸内市のことだけを知っておけばよいというのでは不十分です。

 社協は一つひとつでは微力な存在です。一つの社協だけでは限界があることも複数の社協が一緒になってやることで可能となることもあるかもしれません。
 交流の機会を活かし、連携に結びつける。そんな流れになればいいなあと感じた一日でした。

●なぜ?おそろい 
おそろいの格好でやってきた若手2名


 当日はブロガーのYとRも参加。なぜかこの二人、「赤いTシャツ」というおそろいの格好で登場。兄弟のような雰囲気でした。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

瀬戸内市身体障害者福祉協会総会と鳩退治

 みなさんこんにちは。今日は瀬戸内市身体障害者福祉協会の総会を行いました。考えてみればこのブログ、「福祉」というわりには「福祉ネタ」がありませんがしっかりやってますよ。

総会の様子


 開催にあたっては牛窓要約筆記クラブ、手話サークル邑久の方にご協力いただきました。

 総会後の講演では岡山医療生協の氏平さんに「老後を元気に過ごすために」と題してお話いただきました。
 
 今年も盛況に開催されよかったなあと思います。

 と、ちょっと話は変わりまして、邑久町総合福祉センターの裏口にどうも鳩が4羽いるようです。仲良く生活して欲しいのですが、糞を落とすので止む無く退治作戦と相成りました。

 はとよけCD


 裏口に使わないCDをぶらさげてみました。何日だませるか分かりませんが今のところ効果はあるようです。

 おそらくCDも怖がらなくなると思いますので、次の一手を考えねばなりません。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)


まるでクリエイター気分

 みなさんこんばんは。明日は身体障害者福祉協会の総会があります。前日準備には多くの身障協会の役員さんにご協力いただきありがとうございます。

 この数日、活動計画のプロモーションビデオ作成しております。以前にストリーミングで公開しているものよりもかなり良くなってる?と思っております。

 写真を選び、文章を考え、挿入する音楽を選択し、ナレーションを自分で入れる。そしてそれらを繋ぎあわせる。
 マイクと、ヘッドホンをパソコンにつなぎ、静かな部屋で一人創作活動にいそしむ。社協職員の仕事とは思えぬ、なんちゃってクリエイター気分なのです。

 クリエイティブな活動というのは非常に難しいです。日頃こういうことをすることはあまりありません。本当に「正解のない」ものだと感じます。しかもゴールもない、凝ればきりがない、あんまりはまると泥沼といえるでしょうね。

 今後、地域福祉活動計画の説明会を行っていく予定ですので、その時には是非ご覧いただければと思います。

人気blogランキング(福祉・介護)
FC2 Blog Ranking(福祉)

技術・才能・寛容性

 みなさんこんばんは。今日は一日雨でしたね。蒸し暑くてうちの息子のご機嫌斜めのようです。

 最近は地域格差とか地域競争などと言われることがあります。人口減少社会・安定成長社会においてプラスサムからゼロサム社会になってしまうのではという危惧もあるように思います。

 「クリエイティブクラスの世紀」という本を読んでいます。この本自体は福祉関係ではありませんので特におすすめというわけではありませんが、ちょっと参考になる一節を引用します。

(引用開始)
 100年後において繁栄を確実にするためには、私たちは何をする必要があるだろうか。その答えは、私が経済発展の三つのTと呼ぶものにある。三つのTとは、技術(テクノロジー)、才能(タレント)、寛容性(トレランス)にある。

 出所:クリエイティブクラスの世紀 リチャード・フロリダ著

(引用おわり)
 上記の引用を経済ではなく、地域もしくは地域福祉であてはめてみるとそう違和感がないと思います。

 まず「技術」ですが、これは公民館、ネット環境、交通、土木、補助金などの社会環境一般、また社会環境の変化に対応できるための環境整備であると思います。
 そして「才能」ですが、これは住んでいる人の才能(経験・知識・技能など)でしょう。持っているだけではなくいかに活用されているかです。
 最後に「寛容性」ですが、上記書籍では最も重要だと述べられています。多様な価値観・行動様式・文化・思想などをどの程度受け入れられるかといえます。

 確実に人口が減少していく中で人口が流入しない限り、地域の人口は同じく減少します。その中で成長(発展)を維持し続けるには「寛容性」の高い地域に人は流入すると考えられています。
 
 地域の「寛容性」というキーワードでちょっと考えてみたとき、違う地域社会が見えるような気がしています。

公益法人向け 寄付金優遇税制を拡充

 みなさんこんばんは。なぜかこの2日は自宅からの夜更新となっております。

 社協では企業や団体の方からご寄附をいただくことがありますが、より寄付しやすい仕組みが考えれているようです。

(引用開始)
 公益法人向け 
 寄付金優遇税制を拡充
 企業の損金算入拡大

 政府は社団・財団・学校・社会福祉など公益法人への寄付金を対象にした税制優遇を拡充する。企業が寄付金分を課税所得から差し引ける損金算入枠を広げる方向で検討する。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月3日)

(引用おわり)

 CSR(コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ:企業の社会的貢献)の高まりのなか、寄付金の損金算入枠の拡大は、市民活動の活性化に大きな意味を持つと思われます。
 同紙によれば、寄付金の増加は税収の減少につながるものの、それ以上に公共の公益法人への税負担が削減できると考えられているようです。

 今後、地方部でどのような影響があるかは不明ですが、寄付金を受ける側の一層のディスクロージャーは必須となることでしょう。
 また企業との一層のつながり強化や地域社会への効果測定など現行のあり方に変化を与えることになるとも思います。

 まだ大きな流れになるには時間がかかることだと思います。ただし、欧米でのCSRの高まりを考えると、そう遠くない未来かもしれません。

はじめての介護保険のお話

 みなさんこんばんは
 まずはじめに、昨日の「自費出版」の話しで貴重なコメントをいただきました。「自費出版」ブームに便乗して悪質な商売をしているケースがあるそうです。自費出版そのものは自己の歴史や成果を後世に残すものとして良いと思いますが、悪質な業者も存在することを十分に考えて取組んでいただければと思います。

 
 大手介護事業者の不正問題や低賃金基盤、財政難など直接介護にかかわることがない方も介護保険は最近のトピックスの一つだと思います。

 こんなアンケート結果がありますのでご紹介します。

(引用開始)
 Q 介護保険で提供できる介護サービスは利用者の要望にどの程度まで応えるべきだと思う?

 保険料などの負担は極力抑えて、最低限のサービスだけを提供
 (31%)
 どちらともいえない(43%)
 保険料などの負担は重くなってもいいから、利用者が必要とするサービスを十分に提供(26%)

 出所:日本経済新聞朝刊(7月2日)

(引用終わり)

 今後少子高齢化社会を迎えて議論を避けることはできない問題だと思います。職員Mとしては介護経験がまだないためなんとも言えませんが、「持続可能」な仕組みづくりが必要だと思います。

 ・適正な税負担
 ・適正なサービス
 ・適正な介護職員への報酬

 この3つのバランスがとれていないと「持続可能」とは成り得ないと考えます。わたしももうすぐ介護保険料を払う年になりますので、より理解を深めたいと思います。


 ●そういえば、Rさんの近所に住んでいるIさんが当社協のブログをよく読んでいただいていると伺いました。いつもありがとうございます。

 ●もうひとつ。今日、牛窓支所の引っ越しを行いました(職員Mも少々お手伝い)。明るい感じでいい事務所だと思います。特に牛窓町の方はぜひお越しくださいね。

夫が「本を自費出版したい」

 みなさんこんにちは。今日は雨模様ですが、いかがお過ごしでしょうか。とくに中高年の皆さんは、いろいろな経験・知識・技能をおもちです。最近、「自費出版」がちょっとしたブームのようです。

(引用開始)
 段階世代の定年などもあり、自費出版需要は増加傾向という。自費出版専門の個人書店(東京・中央)の昨年の制作数は約二百五十件と、五年前の約一・八倍にふえた。

 出所:日本経済新聞朝刊(7月1日)

(引用おわり)

 自分の経験や知識を後輩や知人につたえようと本を書く人がふえているようです。各内容も同紙によれば「文芸」「個人経験」「歴史」「研究所」などさまざま。
 定年したら第二の人生。今までのことはリセットというのもいいと思いますが、せっかくの豊穣なものを活かさない手はないと思います。

 最近はインターネットの普及で、情報発信はほぼ誰でもできるようになりました(このブログもそうです)。きわめて低コストで、操作も簡単です。同様に本の出版という「プロ」の仕事も、かなり素人でもできるようになってきたようです。

 本を出すかどうかはともかくとして、これからの地域福祉やボランティア活動において、蓄積された経験・知識・技能をどのように活かすことができるかは非常に重要だと思います。
 社協としては、活用のための仕組みやプラットフォームづくりをもっと積極的に推進していくことはこれからの大きな仕事のひとつではないかなと職員Mは思ってます。

リンク

ブログ担当者

【プロフィール】
  担 当:職員☆R(㌃)
●生まれ : 岡山市
●血液型 : B型
●星  座 : かに座
●社協歴 : 8年(うち介護職5年、事務局歴3年)
●好きな音楽ジャンル : ハードロック&ヘビメタ
●最近のマイブーム: ポン酢を使うこと
●好きな四文字熟語: 質実剛健
●欲しい車: スバルR1(理由:私と一緒の名前だから…汗?!)

*このブログを通じて、みなさんに社協、福祉のことを身近に思ってもらいたいと思います!!                    

ブログランキング

■クリックしていただくと参加しているランキングが上がります。
社協の知名度向上に是非ご協力を!
人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

最近のコメント

文字拡大ツール


ランキングの推移

マイブログリスト

最近の記事

せとうち社協☆男性職員紹介

せとうち社協☆男性職員一同です!御ひいきの程よろしくお願いします!!

職員S(39・A型)

【職員S(牛窓支所勤務、ボラ担当)】 
ダンスが得意で唐揚げ好き。2009年3月27日(金)某民放放送(山○放送)に出演したことあり(顔のアップあり)。職員☆Rが入社当初よりセンター分けである。特技は詩吟らしく、「彼は上手いよ!」と師範をうならせる実力も持ち合わせている。実名で検索(画像検索も含む)すると、必ず上位に登場する。ただ最近、お腹周りが…大汗?!

職員P(36・P型)

【職員P(長船支所勤務、ボラ担当)】 
腰の低さは天下一品。しかし、かかわる事を大きくすることが…汗?!バスケが得意で中学校ではキャプテンをしていたとか。最近、俳優の斉藤○介さんにそっくりである…!?ちなみにマリナーズのイチロー選手、巨人の小笠原選手と同じ歳、そしてヤンキースの松井選手の1つ年上である。

職員Y5(33・AB型)

【職員Y5(牛窓支所勤務、共募担当)】
深夜2時までテレビゲームをする名うてのゲーマーである。最近、HTML入力技術を職員S氏から伝授されたらしく、当会ホームページもHTML入力でアップデートしている模様。お気に入りのゲームは【龍が如く】であり、同ゲームに出てくるラーメンをコンビニで購入していた…。最近買ったゲームは「トモダチコレクション(DSソフト)」らしい。80年代ポップスから最新のヒット曲まで、くまなくチェックしている模様。

職員R(脳内メーカー【犬】Ver.)

【職員☆R(邑久本所勤務)】
当ブログ管理者。せとうち社協男性職員では二番目の若手!持ち前の明るさを売りに地域福祉を推進中です!!

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ウリボー お花キャッチゲーム

RSSフィード

アナログ時計

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。